今シーズン最後の折りパイ ミルフィーユ

室温が低くなると作りたくなるのがパイ生地
近所のアミカ(業務用スーパー)に、明治の発酵バターがセールしていたことを機会に久しぶりにお菓子作り。
新型コロナウイルスが蔓延しているから、お菓子作りながら巣篭りです

  1. ミルフィーユ
  2. 使った美味しい材料
  3. 作ってみて
  4. おすすめのミルフィーユのお店

ミルフィーユ mille-feuille

フランス発祥のお菓子。千の葉っぱと言う意味でハラハラと重なったパイ生地が葉っぱのようだと表現して言い表したことが名前になったとお菓子の学校で習った。
日本のお菓子屋さんでは、イチゴを挟んだりしているが、フランスでは、パイ生地とクレームパティシエール(カスタードクリーム)を挟んだものが一般的。

使った美味しい材料

このお菓子を作るのに必須は、明治の発酵バター

Cottaさんからお借りしましたが、これがアミカで800円代で販売されていたんです。即買いです!
発酵バターはパイ生地を折るのに最適です。伸びが良いし焼いた時の香りがなんとも良いんです。

あとは美味しいクリームパティシエールを作る赤い卵。
白いのは使いません。やっぱり餌が違うからか臭くないし、卵黄の色が濃いです。美味しいクリームが仕上がります。

作ってみて 

バターと小麦粉の層を何度か折って層を作っていきます。三つ折りを6回経て成型して組み立てていきますが。
折っていると嫌なことを忘れます。
というか、集中しないと四角く伸せない。
それと、寒い。
折り中は室温18度とかです。
しっかり仕上がったのを焼成し、クリームを搾って完成です。

焦げた部分を落としているので良く見えます。
お味も上々でした。
仕事で、ご迷惑をお掛けしてしまった方お二人にプレゼントしてあとは我が家で頂きました。

ミルフィーユの美味しいお店

おすすめするミルフィーユの美味しいお店、
パティスリーアズュールさん 名古屋市中区 中区伊勢山1丁目11−7
古渡の交差点の少し東に行ったカメラやさんの二階です。
イートインスペースもあり美味しく頂けますね。
是非行ってみてください。

ではでは最後まで読んでくださってありがとうございます。
コロナウイルスで出掛けられないから、しばらくお菓子作りは続きそうです。ではまた、

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ