札幌の美味しいケーキ屋さん

いつもありがとうございます。
北海道でコロナウイルス非常事態宣言が出された翌日
北海道へ弾丸20時間一泊旅行へ行ってきました。
お目当てはここ

リヴゴーシュ・ドゥ・ラ・セーヌ

セーヌ川の左岸
rive gauche de la Seine
素敵な名前ですよね。
パリの左岸では、頭を使い。右岸ではお金お使う。と言われていて、左側にはソルボンヌ大学やカルティエラタンなど。
きっとパティシエの思い出の場所だったのかな?
色々なことを巡らせながら初訪問

飛行機の到着が遅れ予定より1時間以上遅れて到着

除雪のための遅延。この景色を何度見たことか。旋回してちょっと気持ち悪くなった。


環状通東からはタクシーでようやく着いたら、

CLOSEDの文字!!
が~ん!せっかく来たのに電話すれば良かった。
厨房が外から見えたので、コンコンとノック
アラフィフおばさんは図々しいかも。
シェフが、「生菓子なくなりました。」と
焼き菓子でも分けて頂きたいと。名古屋から来ました!と懇願し開けてもらいました。

キセキ的に残っていたフレジェとケークショコラオランジュ
焼き菓子をいくつか買いました。

フレジェ

フランス菓子のこの時期はフレジェを食べないと!
キセキ的に残っていてホントにラッキーでした。
アーモンド風味のビスキュイにクレームムースリーヌと苺。
久々に尋ねた一人暮らしの息子宅で食べた。
ケーキ皿、ケーキフォークなどあるわけない

ケークショコラオランジュ

オレンジのコンフィチュール入りの濃厚パウンドケーキ。
2口ほど食べるだけで満足。ぎゅっと詰まった感じで香り豊か。
こちらも、ケーキ皿に取り分けることもなく息子と分けて頂いた。

焼き菓子も満足

フィナンシェやガレットブルトン、シトロンのクッキーなどを数点購入し、素泊まりのホテルで。
これで200円は安いよね。札幌と言う土地柄でしょうか。


素敵なお店なので近くに行かれたら是非!
ごちそう様でした。

お店情報

住所:北海道札幌市東区北20条東15丁目2−8
時間: 11:00~19:00
電話: 011-742-7023

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ