パティスリーアン フランス菓子のお店 稲沢

久しぶりにフランス菓子の美味しいお店へ
遥々稲沢市まで
パティスリーアン

ここのシェフは、クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー部門で2005年に4位入賞された櫻シェフ
独立されて、「パティスリー アン デュトン・プール・ラ・メゾン」をオープンされたそうです。店内には、立派な額が飾ってあります。
そう、ご近所の大須にある「ガトーデュラメールスリアン」の栗本シェフと同じグループだったとか。スリアンにも大きな額が飾ってありますね。

ご夫婦でされているこじんまりしたお店。
作る量も限られるんでしょうね。
ショーケース見たら2個しか残っていなくて
残念。
残っていたサンマルクと栗のプリンを1個ずつ2個、買占めでした。

家に帰ってコーヒー入れて家族四人でシェアして頂きました。
パティスリーアン

サンマルクと栗のプリン

栗のプリン 歩荷(放し飼い)のたまごと甜菜糖、低温殺菌牛乳で作った体に優しいプリンに栗とマロン風味の生クリームで蓋。
とろ~としたプリン、生クリーム、栗。色んな味がして食べてると優しい気持ちになります。

パティスリーアン

サンマルク カカオ分66%と61%のオーガニックショコラをブレンドしたショコラクリームとバニラが香るバニラクリームのケーキ
アーモンド風味のパートのキャラメリゼと二つのクリームが絶妙!!

至福のお菓子タイムでした。
最後までありがとう!
では!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ