穴子丼 穴子は難しい うちごはん

先日訪問したお鮨の「うら山」さんにて、

穴子の上手な煮方を聞いてきたので我が家で試してみた。

うら山さんの穴子

全体的にここのお鮨は全部美味しいのですが、穴子は本当に美味しい

大将と話していて、少し前に穴子をかば焼きにして食べたんだけど、堅くてみんなに却下されたんです。どうしてこんなに柔らかくなるの???
と聞いたら教えてくれた。

穴子は、とっても難しいんだそうです。なかなか柔らかくならないそうです。
無謀な私は、
フライパンで焼いてかば焼きのタレを絡めて食べた。
と話したら、苦笑されておられました。
知人に、よく穴子なんて料理しようと思うね。と笑われましたが。

で、リベンジ!!
まずは、酒をたくさん入れた鍋で、頭尻尾付の穴子を30分以上煮る。
最初強火で落し蓋をして弱火でしばらく煮る
穴子
酒は素材を柔らかくするんだとか。
あと、頭と尻尾は落としちゃ固くなる。
何故なのかはわからないとか。

そのあと味付け(醤油とみりんなど)
穴子丼
「醤油や砂糖、みりんは、材を堅くするからね。」と、
それは知ってると知人と私。
同じように作ってみた。

丼に盛って、
穴子丼
彩が、足りないかな。とキュウリの酢もみのっけてみた。
汁物は、昨日の残りの豚汁。
穴子丼

前回はまずくて食べれない!!と言ってほぼ残した息子二人も。
これなら!と完食。でも、キュウリは要らん~と。

思ったこと
お鮨屋さんみたいに形を崩さず柔らかく煮る。これとっても難しい。
縮んで丸まっちゃうから。どうしてなのか?串打ちするのか?その辺り今度聞いてみる。酒でとにかく柔らかくなるまで炊く。これとても重要!!今度は、かば焼きのタレをちゃんと残して絡めて頂く!!

今日もありがとう!!!
では!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ